自動車保険の上手な選択!東京海上グループのイーデザイン損保が安い

自動車保険なんてどこも一緒だと思っていませんか?その通りです!!どこも大差はありません

いやいや、頑張れば保険料を安く抑えることは可能です。

皆さんは、毎月の自動車保険料について真剣に考えたことはありますか?

全く今まで自分の自動車保険についてかえりみなかったniyutaです。

でもそんなことではいけません。抑えられるところは抑えないと、家計は火の車です。焼け死ぬ寸前のniyutaであります。

自動車保険には、必ず加入しなければならない「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と、加入するかどうかを選択できる「自動車任意保険」の二つがあります。

今回は、加入を自由に選択できる「自動車任意保険」について調べてみました。

そもそも自賠責保険に上乗せする形で入るのが自動車任意保険です。(ここからは、自動車任意保険を「自動車保険」と表記します)

この任意保険は、様々な保険会社が商品を取り扱っており、しかも新サービスを加味した新商品などが次々と出てきますので、実際にどこがいいのか、どれが自分に適しているのか、というのが分かりずらくなっています。

恐らくほとんどの人が、昨年まで加入していた自動車保険の更新を繰り返しているだけなのではないでしょうか?

私もその一人ですが、それってよくよく考えてみると、何も考えずに過去加入した自動車保険を継続しているだけですよね。

でも各社各様で、ちゃんと確認しないと、自分にあっていない、もしくは同じ保証内容なのに掛け金が違う、という事実を知る羽目になってしまいます。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

自動車保険!各社各様でも基本的な考えは一緒

違いが出るのは付帯サービス条件、使える特典といったところになります。

その基本をさらっとおさらいしておきましょう。

自動車保険の対人賠償保険は「無制限」で入ることが基本です。

なぜなら相手をけがさせてしまった場合、その賠償額に対し支払われる保険に上限があったらどうしますか?ということです。

最近は相手によって賠償額が巨額になるケースが多いですからね。

そして自動車保険の対物賠償保険も「無制限」で入ることが基本です。

これは属に「車両保険」といわれるもので、事故の相手の車に高額な商品が積んでありそれがすべて破損した場合などは、事故の原因がこちらにある場合、全額実損賠償となってしまうからです。

また車購入時にローンで購入した場合は特に加入すべきです。

なぜなら、万一の事故でクルマが修理不能となり、廃車にでもなってしまった場合、車両保険に入っていないと、ローンだけが残ってしまうからです。

では、自動車保険は実際にどこの保険会社がいいのか?

選択のポイントは、「保険料で選ぶ」「事故対応で選ぶ」「ロードサービスで選ぶ」「加入方法(通販、代理店)で選ぶ」こんなところでしょう。

順に見てい行きます。(得意のniyuta調べです)

保険料では「チューリッヒ自動車保険」で、とにかく保険料が安い(車種、年齢によります)です。

事故対応では、「アメリカンホームダイレクト」が事故対応も早く支払いもスピーディです。

ロードサービスでは、「ソニー損保のダイレクト自動車保険」が定評があります。

加入方法では、とにかくダイレクト(通販)型が鉄板です。

代理店で加入するより絶対にお得です。

自動車保険!ダイレクト系(通販型)自動車保険は「安かろう悪かろう」と勘違いしていませんか?

保険料をできるだけ低く抑えたいという方の中で注目を集めているのがダイレクト系(通販型)自動車保険です。あまり意識したことがないという方の場合、従来の自動車保険とどう違うのかを知らないかもしれません。

このダイレクト系(通販型)自動車保険は簡単に言ってしまえば、従来の対面型自動車保険とは違い、代理店を持たず、ネットや電話などで契約する形態の自動車保険になります。代理店やサービスセンターを減らすことによってコストを削減し、それが保険料に反映されますので、かなり安くなります。

しかし、代理店やサービスセンターが少ないとなれば万が一の事故の際の対応に不安を感じるという方も多いようです。確かにいくら保険料が安くても、いざという時に役に立たなければ何の意味もありません。

では、ダイレクト系(通販型)自動車保険は「安かろう悪かろう」なのでしょうか?

そんなことはありません。直接サービスセンターや代理店を持っていなくても、事故対応は全国各地にある専門の業者に委託していますので、スピーディな対応が受けられるのです。実は対面型自動車保険も近年では事故対応については外部に委託しているケースが非常に多くなっています。

そう考えると、ダイレクト系(通販型)自動車保険は料金が安いからと言って、事故対応をはじめとするサービスに不満を感じることはないでしょう。

自動車保険!いろいろなサービスからあなたにぴったりなものを

各保険会社でも、さまざまなサービスが用意されています。中でも今、注目を集めているのが「リスク細分型」の保険です。

自動車の使用頻度や目的など、あなたのリスク要因に合わせて補償内容や料金を自由にカスタマイズできるスタイルのものとなっています。そのため、まさに「あなたのための自動車保険」を構築できるのです。

保険サービスはすべて代理店担当者におまかせ…という方も少なくないようですが、これではあなたの必要とする補償内容と保険料にはならないでしょう。じっくりと考えて契約し、状況の変化に合わせた自動車保険の見直しは欠かせないのです。

このように、同じように思える自動車保険ですが見直すことによって、より保険料を引き下げることもできますし、補償内容をよりあなたにマッチしたものにだって出来るでしょう。

自動車保険!!まとめ!!最もおすすめの保険会社は?

でも最も皆さんが言いたいのは、「ちゃんとした保証が付いて一番安いところはどこ!?」という事でしょう。

そういう意味では、最近CMでもおなじみの、「イーデザイン損保」がお勧めです。

東京海上グループのイーデザイン損保、というフレーズのあの会社です。

通販に特化し徹底したコスト削減、サービスは東京海上のレベルなので安心、損保系なので付帯サービスも充実、という意味で全体的にバランスが取れています。

勿論、車種、加入者の年齢、等級など諸条件によって変わってくる自動車保険ですから、実際にご自分のケースで見積もり確認が必要ですが、検討候補に挙げていい会社だと思います。

いずれにせよ、ただ更新という事ではなく、これを機会に自分で見直して、どこが最もふさわしいかを確認することをお勧めします。

調べたら、同じ保証でここまで安くなった、ということあるかもしれませんから。

一度、あなたも自動車保険の内容を見直してみませんか?

私はこれを試してみました

無料の自動車保険一括見積もりサービス

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
自動車保険の上手な選択!東京海上グループのイーデザイン損保が安い
この記事をお届けした
niyutaのおすすめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク