急用で行けなくなったホテルの宿泊予約を転売出来るCansell

ホテルや宿を予約する時にいつも気になるのがキャンセルポリシーです。

ホテルごとにキャンセルポリシーは違いますが、標準的か、緩めのホテルでは下記のキャンセルポリシーが多いような気がします。

【標準的なキャンセル料】
7〜2日前……20〜30%
前日……50%
当日(不泊)……100%

ホテルを予約してしまうと、もう7日前からドキドキです。

中には20日前から20%程のキャンセル料がかかるようなホテルもあります。

そして、びっくりするのが、一度予約するといつキャンセルしても料金が100%かかってしまうようなホテルもあることです。

宿泊キャンセル05

それは高級だからですか?

高級ホテルだとキャンセル料が高いのですか?

とてもでは無いですが、こんな恐いホテルは予約できません。

私は予約しませんが、世の中にはキャンセルポリシーが厳しくても、超高いホテルを予約する方もいると思います。

そして急用などで、せっかく予約したホテルに泊まれなくなってしまう人もいるかもしれません。

そんな時はどうすれば良いでしょうか?

不泊になってキャンセル料を100%払うのが、一番もったいないでしょう。

いいとこ無しです。

一番良いのは知り合いに安く譲ることだと思います。

知り合いのニーズに合えば喜ばれますし、もし正規の価格の半分でもお金を貰えれば、損失は50%で済みます。

しかし、そうそううまく知り合いに譲ることは出来ないかもしれません。予約したその日に知り合いのスケジュールと合うか分からないからです。

そして思うのです。

誰でも良いからこのホテルの宿泊予約を安く買ってくれないだろうか?

本当に、不泊になってキャンセル料を100%支払うのが一番もったいないです。

それであれば、誰か喜んでくれる人に安く譲った方が良いです。

そしてあるのです。

急用で、キャンセルするしか無くなった宿泊施設の予約を他の誰かに売る方法が。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

このサイトは、まさに用事などで泊まれなくなったホテルの予約を掲載して転売できるサイトなのです。

中を覗いてみます。

53,044円の宿屋が34%OFFの35,000円で売れています。
キャンセル11

もしこの宿屋のキャンセルポリシーで、キャンセル料が100%だったとしましょう。

このままキャンセルすると53,044円の損失ですが、それを35,000円で転売出来れば……

53,044 − 35,000 = 18,044

53,044円の損失を18,044円の損失に押さえることが出来るのです。

素晴らしいです。

旅行を計画したはいいけど、急遽、行けなくなって困ってる方は一度、覗いてみてはいかがでしょうか?

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

【▼ 追記 ▼】

Cansell(キャンセル)が面白いサービスを始めました!

その名もCansell保証です。

キャンセルしたいホテルの予約をCansellが買い取ってくれるのです。

手間が大幅に省けます。

Cansell保証?もしもの時にホテルの予約を買い取ってもらえる
まあ、簡単にいうなら念のための保険のようなものです。なんの保険か?お高いホテルを予約して、急に行けなくなってしまった時に大損...
記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
急用で行けなくなったホテルの宿泊予約を転売出来るCansell
この記事をお届けした
niyutaのおすすめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク