格安にホテルに泊まりたいならココをタップ

新幹線に安く乗れる?お得な回数券の入手方法まとめ

ぷらっとこだま家族旅行

鉄道大国である日本には、移動に便利な新幹線がたくさんありますよね。

長距離を短時間で移動できるため、利用する人は多いです。

でも!

niyuta
niyuta

新幹線の利用料金は高いです……

そこで安く乗ることはできないのか、調べてみました!

スポンサーリンク

新幹線は安く乗れる?

実は新幹線を安く乗る方法は存在します。

少しでも安く乗る方法を理解するために、まず新幹線の料金について把握しましょう

新幹線の料金は、「乗車券(運賃)」+「特急券」の総額にあたります。

「乗車券(運賃)」+「特急券」

さらに特急券は、指定席特急券と自由席特急券に分けられているのです。

指定席と自由席では、最小320円〜最大1,340円の差額が生じます。

なぜ差額が生じるのか、もう少し紐解いてみますね。

指定席と自由席の差は520円が基本です。

新幹線は、時期によって「繁忙期」「通常期」「閑散期」の3つに区分されています。

繁忙期は通常期よりも+200円料金が高く、閑散期は通常期よりも-200円料金が安いです。

加えて区間によって割増料金を請求するところがあるので、最大値が大きくなっています。

少しでも安く乗りたいなら、なるべく閑散期の自由席を選ぶことがおすすめです。

その他にも新幹線を安く乗る方法があるので、順番に解説しましょう。

新幹線を安く乗るための基本技5選

えきねっとトクだ値で予約する

JR東日本は「えきねっとトクだ値」サービスを実施しています。

こちらはインターネット予約限定のきっぷであり10〜35%安く特急券を入手することができます。

対象となっているのは、東北新幹線、北海道新幹線、上越新幹線、北陸新幹線です。

特急券を購入する際に、一緒にその区間の乗車券を購入することもできます。

「えきねっとトクだ値」は、早く購入するほどお得です。

乗車日より13日前までに申し込みをすると、さらに割引率の高い「お先にトクだ値」を利用することができます。

新幹線を使う日が決まっている方は、早めにこちらのサービスを利用すると良いでしょう。

株主優待券を使う

株主優待券は、企業が株主に対して発行するお得な券です。

JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州は株式を上場させていますので、株主優待券を発行しています。

株主優待券を使うと、該当の新幹線に割引料金で乗車することが可能です。

なお、株主優待券は金券ショップなどに売られていますので、株主でなくても入手できます。

エクスプレス予約を活用する

東海道・山陽新幹線の指定席にお得に乗車したいなら、会員制のネット予約サービスであるエクスプレス予約の活用をおすすめします。
通常購入よりも、お安く切符を買うことが可能です。

また、早めに予約をすればさらにおトクな早特商品を購入することができます

しかもエクスプレス予約は、予約の変更が何度でも手数料無料でできる優れものです。

年会費はかかりますが、ネットから簡単に予約できますので、東海道・山陽新幹線をよく利用する方は、利用して損はないと言えます。

大人の休日倶楽部ミドルカード・ジパングカードを活かす

「大人の休日倶楽部ミドルカード」「大人の休日倶楽部ジパングカード」はクレジットカードです。

大人の休日倶楽部ミドルカードなら、男性50〜64歳、女性50〜59歳までが申込できます。

このクレジットカードを活かすと、JR東日本線・JR北海道線のきっぷが何回でも5%割引で購入可能です。

初年度は年会費無料ですので、該当の方は活用することをおすすめします。

大人の休日倶楽部ジパングカードはさらに割引率が高いです。
男性満65歳、女性満60歳から申込みをすることができ、JR東日本線・JR北海道線のきっぷが何回でも30%割引になります。

60歳を超えてからの旅行にはうってつけです。
日本全国のJR線のきっぷも、20回まで20%・30%割引ですので、旅が好きな方はチェックをしておくと良いでしょう。

新幹線回数券を使う

JR各社が発行している新幹線回数券を使うと、通常よりも安い金額で新幹線を利用できます。

割引率は区間によって異なりますが、3〜10%程度です。

ただし、インターネット予約の方が安い場合がありますので注意しましょう。

基本的に6枚1セットで販売されていることが多いです。

ただし、複数枚は要らないという時は、必要な枚数だけ金券ショップで購入する方法もあります。

他にも学生であれば学割を利用して新幹線の利用料金を安く済ませることができます。

使えるものは有効に使うことがおすすめの方法です。

お得な回数券の入手方法

お得に使える回数券を入手する方法を知っておくと便利です。

新幹線の回数券は、基本的にJRの窓口で販売されています。

自動券売機では購入できないので注意しましょう。

バラ売りはしておらず、JR社によって異なる場合もありますが、基本的に6枚1セットで売られています。

でも、6枚も要らないという方もいますよね。
そんな時は、金券ショップの利用がおすすめです。

金券ショップで「新幹線格安チケット」という名称の券が販売されているのを見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

その格安チケットの正体は、バラ売りにされた新幹線回数券です。

金券ショップに必ず売られているという保証はありませんが、もし利用区間のバラ売り回数券を入手することができれば、必要な分だけお得に乗車することができます。

なお、新幹線の回数券には、「指定席回数券」と「自由席回数券」が存在します。

自由席回数券は、チケットをそのまま駅の改札機に通すだけで使用することができますが、指定席回数券は、JRの窓口で座席指定を受けないといけないので気をつけましょう。

また、回数券には利用できない時期があります。

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の利用は不可ですので、注意が必要です。

金券ショップ以外におヤフオクなどで購入する方法もあります。

ただし、オークションは予め決められた値段で取引するのではなく、競り落とす形式です。

出品されている回数券や、過去の履歴を参考にしながら、上限を決めて取引することを推奨します。

日本旅行とセットで利用する方法もある

直接新幹線のきっぷを購入しないで安く済ます方法があります。

日本旅行のセットプランを利用する方法です。

往復の新幹線切符代とホテル宿泊代がセットになっており、通常よりもお得な値段で販売されています。

行き先が決まっていて、ホテルも予約したいなら使わない手はないです。

通常購入する際の金額を比較すると、お得度合いがわかりやすくなります。

なお、代金はクレジット支払いにするとポイントも貯められてより便利です。

比較検討をして安く乗れる方法を模索する

一口に新幹線に安く乗る方法と言っても様々な手段があります。

自分に適した方法を見つけるためにも、各方法を比較検討することが大事です。

時期や区間、利用方法などによって、どれが一番お得かは変わってきます。

まず、えきねっとトクだ値や回数券の利用を検討してみましょう。

よく旅行に行くという方は、大人の休日倶楽部ミドルカード・ジパングカードなどの利用も便利です。

自分が納得できる方法を探ることをおすすめします。

まとめ

比較的高額な新幹線の料金を、なるべく安く済ます方法をご紹介しました。

まずはこちらに紹介された方法の中から、自分が利用しやすいものを選んで活用してみてください。

お得さを実感すると、利用回数が増えて慣れていきます。

こちらで紹介した方法は、ぜひできるところから試してみてくださいね。

家族旅行
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
NIYUTAをフォローする
おすすめコンテンツ
niyutaのおすすめ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました