持ち家と賃貸どちらが有利!?いざという時の対応力の違い!

いつも気になるのが、結局は持ち家がお得なのか?賃貸住宅がお得なのか?

あまり物質に対して欲は無いですが、立派な一軒家にだけは憧れているniyutaです。

神様に聞きたいです!!

結局、一生涯で考えると持ち家がお得なのですか?それとも、賃貸住宅がお得なのですか?

ケース・バイ・ケースだと思いますが私の場合はどちらが得ですか?

私はどうすれば良いですか!?

結論から言うと、持ち家でも一軒家でも、住居に一生涯に払うお金はそうは変わらないようです。

平均的な年収の方が30歳で平均的な住宅を平均的な利率のローンを組んで購入したとして……

かたや、同じく平均的な方が、平均的な生活で、一生、賃貸住宅で暮らしたとして……

一生涯にかかる住居費は6,300万ちょっとらしいです。

三日三晩かけて一から計算しました。

嘘です。ごめんなさい。SUUMO(スーモ)の冊子に書いてありました。
image

私としては、えっ!?そうなのっ!!

結局、払うお金が同じなら!!

絶対に一軒家を買った方が良いに決まってる!! と思いました!!

しかし、待って下さい。

持ち家と賃貸ではお互いに違うメリット、デメリットがあります。

要はその人の個性(ライフスタイル)に合わせるべきのようです。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

持ち家一軒家と賃貸住宅!いざというときの対応力の違いを考えた

転職や転勤で住めなくなった時、持ち家と賃貸住宅ではどうなる?

《賃貸》の場合

現在の住居を解約して、新しい土地で住みたい家を探して住める自由があります。転勤がこわくないです。転勤の多い会社にお勤めの方は賃貸住宅の方が良いかもしれませんね

《持ち家》の場合

戻って来ても住めない可能性はありますが、住居を賃貸に出す方法と売却する方法があります。売却の場合は仲介手数料が必要になります

万が一、世帯主になにかあったとき、持ち家と賃貸住宅ではどうなる?

《賃貸》の場合

毎月の家賃支払いに無理が無い家に引っ越すことが出来ます

《持ち家》の場合

購入時に加入する団体信用生命保険などで、ローンは支払い免除になり残された家族に返済負担が残りません

収入がガクンと落ちたとき、持ち家と賃貸住宅ではどうなる?

《賃貸》の場合

家賃の安い家に引っ越すことで問題が解消しやすいです

《持ち家》の場合

ローンを借りている銀行に返済額の一時的な減額などが可能か相談。難しい場合は売却や貸し出しを検討します

住まいになにかあったとき、持ち家と賃貸住宅ではどうなる?

《賃貸》の場合

基本的に大家や管理会社が対応してくれます

《持ち家》の場合

家が損傷したら、地震保険や自己負担で修理が必要。マンションの場合、管理費等でまかなうこともある

余談ですが、火災保険について見直したり、考えたりしたことはありますか?

あなたの火災保険料、もしかしたら安くするかもしれませんよ。

火災保険の見直しのポイント!保険料を安くする為に押さえるべきこと
補償は同じで火災保険料を安くする方法!「構造」「割引」「保障内容」「家族構成」「契約期間」「免責額」について以前、下記のような記事を...

うーん、持ち家が良いのか?はたまた賃貸住宅が良いのか? 迷います。

しかし、私はやっぱり立派な一軒家に憧れます。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
持ち家と賃貸どちらが有利!?いざという時の対応力の違い!
この記事をお届けした
niyutaのおすすめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク