手軽に家計簿をつけて管理したいならスマホアプリ!マネーフォワード

家計簿が続かない、そんなあなたにおすすめのアプリ!MoneyForward(マネーフォワード)

こんにちは、節約したい、節約したいと思っていても、全く家計の収入と支出を把握していないniyutaです。

しかし、こんなことではいけません。将来困ります。ちゃんと家計を管理したいと切に願います。

節約の第一歩として、まずは日々の出費を把握したい。

家計簿をつけて出費を管理したいのです。

しかし、いつも三日坊主で終わってしまいます。

私には無理です。自分には一生家計簿はつけられず、そして家計を管理する事は出来ないだろう……そう思っていました。

しかし、出会えたのです。神アプリ(と言ってもいいでしょう)MoneyForward(マネーフォワード)に。(実際は再会ですが……)

【iPhone】
Money Forward, Inc.「家計簿マネーフォワード」
https://appsto.re/jp/ZkFAJ.i

とにかく、レシートをスマホで取り込む機能がすごいです。

楽なんです。これなら続きそうです。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

家計簿が続かない、そもそもその理由はなんなのか?

私は考えます。

家計簿が続かない、というのは多くの人が抱えている悩みだと思いますが、その理由はなんなのかと……

家計簿が続かない理由は実に単純明快だと思います。

面倒くさい

これです。これにつきます。家計簿をつけるためには買い物をしたレシートを一日の最後に、あるいは都度見返して、ノートやPCにせっせと記録をとらなければいけません。

これが面倒くさいのです。

一日でも、さぼればもうそこでほぼ終わり、レシートは溜まり、財布は膨らむ一方。

そんな煩わしい作業を省いてくれる便利なスマートフォンアプリがMoneyForward(マネーフォワード)なのです。

楽々家計管理。MoneyForward(マネーフォワード)の、その特徴は?

image

iPhoneもしくはAndroidのスマートフォンをお持ちであれば、無料でインストールできるアプリ(一部アプリ内課金あり)なのですが、普段使う銀行口座情報やクレジットカード明細等との自動連携ができるという優れものです。

これで面倒な家計簿への記録作業ともさよならです。

MoneyForward(マネーフォワード)の特徴1:

・金融機関の口座との連携

対応している銀行や証券会社の口座を持っていれば、入出金情報が自動でMoneyForward(マネーフォワード)に記録されていきます。

インターネット口座限定にはなりますが、メガバンク三行をはじめとするほとんどの主要な銀行が対応しています。

いつ、いくら入金され、出金されたのかが自動で更新されていきます。

財布の中身だけでなく、いつでもスマートフォンで即座に口座にある金額がわかるのです。
image

MoneyForward(マネーフォワード)の特徴2:

・クレジットカード利用明細との連携

クレジットカード情報との連携もできてしまうのがMoneyForward(マネーフォワード)のすごいところです。

引き落とし額が自動でMoneyForward(マネーフォワード)に記録されます。

引き落とし額が確定すると通知も来ますので、振り込み忘れの心配もありません。

もちろん、カード代金の引き落としが済むと、連携している銀行口座にも出費として引き落とし額が計上されます。
image

MoneyForward(マネーフォワード)の特徴3:

・電子マネー利用履歴との自動連携

さらに、MoneyForward(マネーフォワード)は電子マネーとも連携ができます。

nanacoや楽天Edyなど、普段の買い物で使う主な電子マネーは網羅されています。
image

MoneyForward(マネーフォワード)の特徴4:

・その他、連携可能な情報は多数

金融機関や電子マネーとの連携だけではなく、Amazonや楽天市場等のお買い物サイト、携帯電話料金の利用履歴も引用することができます。

当然、関連する支払いカテゴリに出費として計上されます。
image

MoneyForward(マネーフォワード)の特徴5:

・現金で支払ったものだってもちろん対応可能

現金で支払った物については、煩わしい入力などせずに、スマートフォンのカメラで撮影するだけ。

たったそれだけで入力は完了です。

正直、これが凄いのです。

レシートを……
image

パシャッと写すと……
image

それだけで入力されるのですよ!!みなさん信じられますか?私は信じられません!!

MoneyForwardの特徴6:

・お金を使ったカテゴリも自動で集計

なんと出費が何に使われているのかを自動でカテゴリ別に分類してくれれます。

さすがに「ほうれん草を買いました」というレベルまではいたりませんが、自動でグラフ集計もしてくれます。何に出費がかさんでいるのかが一目でわかるのです。

光熱費や食費、交通費などといったカテゴリに自動分類してくれるというは驚きですね!
image

MoneyForward(マネーフォワード)をどう使うか

MoneyForward(マネーフォワード)の便利さはつまるところ、生活における入出金の情報が一括で管理できる、ということです。

今まではそれがなかなかできずに、口座引き落としにしてるのはいくらで、nanacoで買い物したのはいくらで、そういえばAmazonでもいくら使ったっけな……と、とても管理が大変だったはずです。

それが、MoneyForward(マネーフォワード)を使うことで一目で全てわかるようになるのです。

まずは、何にお金を使っているのかを把握し、そこから無駄を省いたり節約のプランを立てる、というのがよさそうですね。

家計簿や家計の管理でお困りの方は、ぜひ、MoneyForward(マネーフォワード)を使ってみて下さい。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
手軽に家計簿をつけて管理したいならスマホアプリ!マネーフォワード
この記事をお届けした
niyutaのおすすめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク