文章作成(ライティング)の副業でお小遣いを稼ぎたいならココナラ!

純粋に文章を書くのが趣味の方はココナラで趣味と実益を兼ねませんか?

文章を書くことが好きなniyutaです。ネット趣味で小説も書いています。

「リア・・・お前はシェルを見捨てるのか!?」「はい。バッサリと!」「えーっ!!」

下世話な話ですが、このブログも文章を書くという趣味でお小遣いを稼ぎたいと思い、始めました。

記事のところどころにGoogleアドセンス広告を貼ったり、記事の内容とマッチしたものがあればアフィリエイト広告を貼ったりもしています。

だが、しかーしっ!!

SEO対策が全く無知の私ではアフィリエイトで稼げないこと、稼げないこと。

文章を書くこと自体が好きなので良いのですが、こうもアフィリエイトでは稼げないと悲しいものがあります。

以前にも文章を書くという行為で稼げないかと思い、調べた事があります。

そして他のブログで下記のような残念な記事を書いた事もあります。

私は以前、小説家になりたいと思っていた時期がありましたしかし世の中そう甘くはありません。小説家になる人……それを仕事に出来る人は一握りなのだと思います。しかし、どうにか道は開かれないかと思い、今は小説投稿サイトに自身のオリジナル小説を投稿し

……私が本気で小説家になりたいと思っていることは内緒にしていて下さい。

そして、下記のようなサイトで文章が売れる事を知りました。

サグーワークス

他にも文章作成で稼げるクラウドソーシングサービスはいくつかありますが、私のおすすめは上記のサグーワークスです。

しかし、こういうサイトの難点は文字単価が少しだけ安めだと言うことでしょうか?

大体の目安ですが、(初心者向けな文章だと)500文字で100円〜200円ぐらいです。つまり、文字単価(1文字)0.2円〜0.4円くらい。

別に安くても好きな文章作成でお小遣いが稼げるのなら、それはそれで良いのですが、時間は有限です。

同じ時間をかけるなら少しでも稼ぎが良い方がいいに決まっています。

だからと言って、下記のような本格的なクラウドソーシングサービスに登録してフリーのライターさんと肩を並べる程に、自分の文章に自信は無いです。

ランサーズ

もっとちょうど良さげなのはないのですか?

と探していると、少しだけ文章を書くのが得意(だと、自分だけが思っている)な私にちょうど良いクラウドソーシングサービスを見つけました。

ココナラ(coconala)というサービスです。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

いろいろな副業が出来るココナラとは

ココナラ

副業サイト「ココナラ」01

私が自分の趣味で書いている小説の表紙絵を頼んだり

ココナラで購入したイラストが500円なのにクォリティが高い!!
coconala(ココナラ)で小説の表紙イラストを頼みました。想像以上の出来です趣味で小説を書いているniyutaです。もち...

このブログの自分のプロフィール画像を描いてもらったり

ココナラ(coconala)で似顔絵を格安(500円)に購入した
私の好きなネットのサービスにココナラ(coconala)というものがあります。格安なものとお値打ちなものに目がないniyutaです。...

しているWebサービスです。

ココナラとは、個人が自分の得意なサービスを(だいたい)500円で販売出来るサイトです。

なぜ、文章作成(ライティング)の副業をするならココナラが良いか?

ココナラの文章作成(ライティング)の副業は文字単価が高い

今、ココナラの文章作成(ライティング)の副業の相場を見てみると、500文字で500円ぐらいです。

ココナラはシステム利用料として収益の3割をサイトに払います。

ですので、500文字で350円、つまり文字単価(一文字)0.7円です。

これは、通常のライティングに特化したクラウドソーシングサービスと比べるとかなり良い方だと思います。

ココナラの文章作成(ライティング)の副業は販売価格を変更できる

もし、ココナラで文章作成(ライティング)の依頼を受け続けたとします。

リピーターがつくなどしてサービスが軌道に乗ってこれば、今まで500円で売っていたものを1,000円などのもっと高い値段で販売することが出来ます。

※ココナラでサービスを500円以上の価格で販売するにはココナラ独自の基準である出品者ランクをあげる必要があります

出品者ランクを簡単に説明すると、たくさんサービスを売っている優良な人に送られる称号のようなものです。

価格を上げても売れるなと感じる頃には自ずと出品者ランクも上がっているはずです。

ココナラの文章作成(ライティング)の副業でみんなどれくらい稼いでいるか?

「私は経歴10年のプロのライターです」 との自己紹介で、800文字5,000円で依頼を受けて販売実績が150件ぐらいある人もいれば、コツコツと500〜700文字程度を500円で販売して10件や20件販売している人も多いです。

プロのライターさんでもない限り、800文字を5,000円で売るのは難しいでしょうが

※800文字5,000円なら文字単価は(一文字)4.375円です。

もし、800文字5,000円なら、サグーワークスのようなライティング特化のクラウドソーシングサービスと比べて文字単価が約10〜20倍です。

つまり、10〜20分の1の時間で同じ金額を稼いでしまいます……

800文字5,000円は極端な例ですが、1,000円で販売している人、3,000円で販売している人、いろいろです。

文章を書くのが趣味で、文章作成でお小遣いを稼ぎたい人は試しココナラで文章作成(ライティング)の依頼を受けてみてはどうですか?

ココナラ

副業サイト「ココナラ」02

ココナラ以外ではシュフティもオススメです。

Webライターの副業を手軽に始めるなら主婦の為のシュフティ!!
手軽な在宅ワーク(Webライティング)ならシュフティがおすすめです 文章を書く事が好きなniyutaです。節約も好きですが、...
記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
文章作成(ライティング)の副業でお小遣いを稼ぎたいならココナラ!
この記事をお届けした
niyutaのおすすめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク