チャレンジ1ねんせいの学習スタイル!良いとこ取りのハイブリッド

「オリジナル」と「チャレンジ・タッチ」の良いところを兼ね揃えた「ハイブリッド」も捨てがたい

現在、自分の子どもにやらせているチャレンジ1ねんせいの学習スタイルを「オリジナル」から「チャレンジ・タッチ」に変更しようかどうしようか迷っているniyutaです。

進研ゼミ小学講座

チャレンジ1ねんせいの学習スタイル!オリジナルをやった結果
チャレンジ・タッチの方が良いかも……と思い始めた進研ゼミプラスのチャレンジ1ねんせいに苦しめられているniyutaです。以前...

もう一度、チャレンジ1ねんせいの学習スタイルについて検討し直しました。

すると、「ハイブリッド」も良いかな? と思い始めたのです。

思ったより高くないのです。
image
image

オリジナルが年払いで1ヶ月2,705円なのに対してハイブリッドは2,943円です。

学習スタイル「オリジナル」と「ハイブリッド」の金額の差は月々238円です。

それで、オリジナルとチャレンジ・タッチのいいとこ取りが出来るんですよ。

ハイブリッドの良さについて説明する前に、まずはザックリと各学習スタイルについて説明します。

チャレンジ1ねんせいには、3つの学習スタイルがあります。

それは下記です。

・オリジナル

・チャレンジ・タッチの

・ハイブリッド

3つのスタイルを比較する

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

チャレンジ1ねんせいの学習スタイル〈オリジナル〉

bene01

これは、テキスト教材、体験型教材、個別指導で学ぶので、デジタル教材はありません。書くことを大事にしたい方や学習習慣が身についている方におすすめです。

しっかり紙に書き、じっくり自分で考えて学ぶことが出来ます。そして、体験教材も豊富なので、学習習慣をサポートするだけでなくお子さまのやる気を促すとともに知的好奇心を育てることが出来ます。

チャレンジ1ねんせいの学習スタイル〈チャレンジ・タッチ〉

bene02

これは、デジタル教材と一部テキスト教材(年に数回、紙の教材も届きます)、個別指導で学びますが、学習専用のタブレット(チャレンジ・パット)を使った学習が中心となります。

音声や動画を生かした授業なので、英語や国語は耳で聞くことが出来ますし、理科や社会、算数の図形などは動画で分かりやすく解説するため、理解しやすくなります。

タブレット学習法 小学生利用者数No,1と、最も選ばれているタブレット学習法で、94.5%の利用者が「チャレンジ・タッチで勉強が楽しくなった」と、72.3%の利用者が「チャレンジ・タッチで得点が伸びた」

と答えているそうです。

そして、タブレットは子どもが勝手に外部サイトへ接続できないようになっているので安心です。

チャレンジ1ねんせいの学習スタイル〈ハイブリッド〉

bene03

これです!これがすごいんです!!

これは、i Padとインターネット環境が必要になります。

チャレンジ・タッチのタブレットでの受講は出来ません。

そして、デジタル、テキスト教材、体験型教材、個別指導と、三つのスタイルの中で一番サービスの数が多くなっており、毎月使うテキストと読み物も届きます(年に2~3回は体験教具も届く)。

つまり、書く学習法と、デジタル学習の両方で学ぶことが出来ます。

平日は音声や動画を用いたデジタル学習で考え方を理解し、週一回は紙のテキストに書くことが出来るので、より定着を重視した学習スタイルになります。

チャレンジ1ねんせいの学習スタイルまとめ

体験教材で自ら実体験すると共に紙でじっくり考えながら学習するのが好きな子供はオリジナルスタイルが良く、音声や動画中心で直感的に学びたい子供はチャレンジ・タッチスタイルが良いと思います。

そして、デジタル教材と紙のテキスト教材の両方で学習の定着を図りたい子供にはハイブリッドスタイルが良いかと思います。

同じ値段なら、みんなハイブリッドをえらぶに決まっています。(子供に渡せるiPadがあるとして)

しかし、ハイブリッドは他の二つに比べて高いのです……

しかし、しかし!!

その差は月々238円!!

悩みどころです。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
チャレンジ1ねんせいの学習スタイル!良いとこ取りのハイブリッド
この記事をお届けした
niyutaのおすすめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク