特定支出控除とは?医療費控除と住宅ローン控除だけではありません

知らないと損をしますよ。サラリーマン必要経費!

知らなかった為に損をするという事が大嫌いなniyutaです。

毎年2月16日から3月15日までの間、確定申告が行われますがこれって自営業の人や特別な所得があった人などの話だと思っていませんか?

サラリーマンは年末調整という制度があるので確定申告など不要と、長らく思っていました。

しかし。調べてみると、サラリーマンでも確定申告したほうがいい場合があるという事が分かったのです。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

サラリーマンの代表的な控除

サラリーマンの代表的な控除には「医療費控除(年間10万以上医療費がかかった場合)」「住宅ローン控除」の二つがあります。

これらはよく知られていて申告している方も多いと思うのですが、これにプラスして「寄付金控除」「特定支出控除」いうものがあります。

「寄付金控除」についてはまた別の機会にお伝えすることにして、今回は意外と知られていない「特定支出控除」についてお話します。

サラリーマンの控除「特定支出控除」とは?

まず最初にサラリーマンの場合(いわゆる給与所得者)の給与所得は会社の経理部で自動計算してくれており、年収から給与所得控除(いわゆる経費)が引かれ、その残額(給与所得)に対して税金がかけられます。

会社で自動計算してもらった所得よりも控除額が多くなった場合は税金の払い過ぎという事になるので(実際の給与所得が減る)、確定申告することによって税金が還付されるのという仕組みです。

この給与所得控除に追加してさらに控除額を増やすことが出来る制度が「特定支出控除」です。

特定支出控除とは以前からあった制度ですが、平成25年にその計算方法が変わり利用できる範囲が拡大されたことで恩恵を受ける人が増えたのです。

ではこの特定支出控除の対象となる経費を国税庁のHPで見てみますと……

①通勤費
②転居費
③研修費
④資格取得費
⑤帰宅旅費(単身赴任など、その者の勤務地又は居所と自宅の間の旅行のために通常必要な支出)
⑥勤務必要経費

となっています。

このうち①、②、③、⑤はおおかたの会社で通常使われていると思いますので割愛し、ほとんど知られていない例外的なケースの④資格取得費⑥勤務必要経費について見てみます。

サラリーマンの控除、資格取得費とは?

④の資格取得費とは、例えば弁護士、公認会計士、税理士などの資格取得を目指してロースクールや資格の学校などに通っている人は、その分の受講費を一定金額まで経費に算入することができるのです。

資格取得に限らず自己啓発のつもりで、勤務先にわざわざそれを報告せず自主的に勉強している人も該当します。

でもこの「特別支出控除」のことを知らないと高い授業料を自腹で払ったままになってしまいます。

サラリーマンの控除、勤務必要経費とは?

そして⑥の勤務必要経費、これが先に述べた「利用できる範囲が拡大されたことで、恩恵を受ける人が増えた」項目なのです。

端的に言いますと、職務に関連する書籍、定期刊行物などの図書費、制服、事務服、作業服など勤務場所において着用する衣服費、職務上関係のある者に対する交際費・接待費その他の費用となりますが、少々わかりにくいので具体的に言い換えますと、書籍や雑誌、金融新聞の電子版など業務に関係する図書費も特定支出の対象ですし、個人で購入した作業服などの衣服費も特定支出の対象となり、場合によってはサラリーマンの着ているスーツなども特定支出に算入できる可能性があるのです。

えぇ!本当ですか!?

もしかしてスーツとかも経費で落とせるかもしれないんですかぁ!?

これって該当する人多いと思います。

ただし、これらの経費は上限65万円までに制限されています。

ここで注意点があり「特定支出はいずれも給与の支払者が証明したものに限られます」と国税庁のHPに書いてあるのですが、これって会社からの証明が必要ってことなのです。

つまり「給与の支払者から補填される部分があり、かつ、その補填される部分に所得税が課税されていない時は、その補填される部分は特定支出から除かれます」と書いてある事からあくまで自主的に支払った職務遂行に直接必要な支出という事なのです。

クリアしなければならない条件はあるものの認められればかなり大きな控除になりますので、特定支出控除の対象者、実は非常に多いと思います。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
特定支出控除とは?医療費控除と住宅ローン控除だけではありません
この記事をお届けした
niyutaのおすすめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク